カーボグラスや酸化チタンを活用する~優秀原料ナビ~

作業員

幅広く活用できる

アルミニウムが原料

工場

製造現場で利用される材料の1つにアルミ鉱物がありますが、この鉱物の主原料はアルミニウムであり、このアルミニウムはボーキサイトという自然鉱物から作られるものとなっています。アルミ鉱物は、軽量性と強度、耐食性を兼ね揃えている原料となっている為、あらゆる分野で利用できるのも1つの特徴です。アルミ鉱物は現代では生活には欠かせない原料となっており、多くの建築現場や製造現場で活用されています。アルミニウムは世界的にみても多くの地域で発見されているものなので、アルミ鉱物として生成し、利用する場合も地球環境に害を与えることは無いと言って良いでしょう。今後も多くの国や地域で活用されていく注目の原料と言えるでしょう。

需要は高まる

アルミ鉱物の原料となるアルミニウムは世界40カ国近くから抽出されると言われており、その中でも大きな水力発電をしている国であれば生産が早いと言われています。国内では水力発電が主流となっていないこともあり、アルミ鉱物で利用されるアルミニウムはほとんどが外国からの輸入となっているのです。アルミニウムは一度利用しても再度溶解して別の製品や原料として使用することも可能となっています。ドリンク等に利用されるアルミ缶もアルミニウムが原料となっているので、最近では使用したアルミ缶や他のアルミ製品を溶解してアルミ鉱物として蘇らせるエコな取り組みも一部で行なわれています。アルミ鉱物は、リサイクルが可能な原料とも言えるので、地球環境の悪化が問題視される近年では益々需要が高まる原料となっていくでしょう。